ホワイトヴェール 白雪美白 かゆみ
白雪美白を使うとかゆみが出る!?そのようなことも言われているようです。ここでは白雪美白で痒みが出たという人の口コミを紹介しています。そして痒みが出てきた原因や、正しい使い方をしていたのかを、もう一度考えて見ましょう。

かゆみが出た人の口コミ

白雪美白を使ってかゆみが起きた人の口コミを少しだけ紹介します。

口コミ①

SNSで美白効果が高く即効性があると白雪美白が話題になっていて、気になって購入。

肌にのせた瞬間、ピリッと刺激を感じてすぐに洗い流しました。

洗い流したのですが翌朝肌にかゆみが出てきてしまい、落ち着くのに1週間もかかって最悪でした。

口コミ②

白雪美白を使い始めて3日目で突然肌にかゆみ、かぶれが出てきてしまいました。

美白成分のトラネキサム酸やグリチルレチン酸ステアリルは他の化粧品でも使ったことがあるので、それが原因ではないとは思いますが私の肌には合わなかったようです。

でも、公式サイトの返金保証を利用できたのでよかった!

配合成分が肌に合わない

白雪美白を塗った直後にかゆみやかぶれ、赤み、湿疹が出たり、時間が経っても症状が治まらない、悪化するという場合は肌に合わない成分が含まれている可能性があります。

白雪美白にはトラネキサム酸やグリチルレチン酸ステアリル、5つのボタニカル整肌成分が配合されています。

もし、以前これらの成分配合の化粧品を使ってかゆみが出た場合、白雪美白でまたかゆみが出る可能性は高いです。

症状が出たらすぐに使用を中止し、肌に塗った成分を洗い落とすことが大切。

何時間も症状がひかなかったり、悪化する場合は皮膚科を受診してくださいね。

白雪美白を購入する前に配合成分をよく確認しましょう!

肌のバリア機能がダウンしている

白雪美白を塗ってすぐにかゆみやかぶれ、赤み、湿疹が起き、時間が経てば自然と落ち着いてくる場合は、肌のバリア機能がダウンしている可能性があります。

ホルモンバランスの乱れや体調、ストレス、過度なスキンケアなどで肌のバリア機能は変化します。

肌のバリア機能が低いときはちょっとした刺激でもすぐに肌が反応してしまうのです。

そんな肌状態のときに白雪美白を使ってかゆみが出たら、一旦使用を止めて様子をみましょう。

敏感肌用の化粧品を使い、洗顔をしすぎないように心掛けてみてください。

肌状態がよくなってきたら再び白雪美白を使い、異常が出なかったらそのまま使い続けていきましょう。

使い方を間違えている

白雪美白を使い始めて数日後にかゆみなどのトラブルが起きた場合、白雪美白の使い方を間違えている可能性があります。

使い方をもう一度見直してみることが大切です。

使う量は小さめのパール2個分が適量。

適量をおでこや両頬、鼻の頭、顎にポンポンポンとのせていき、やさしく顔全体に伸ばし浸透させていきましょう。

使う量が少なすぎると顔全体に伸ばしづらく、肌に負担がかかるので気をつけてくださいね。

公式サイトなら、90日間全額返金保証付きで安心!

公式サイトの定期便には「90日間全額返金保証」が付いてきます。

もし、白雪美白を使ってかゆみやかぶれ、赤みなどの肌トラブルがあった場合、全額を返金してくれるのです。

ただし、適用期間は商品到着後90日以内。

その期間中に販売元に電話する必要があり、期間を過ぎると返金してもらえないので注意しましょう。

白雪美白でかゆみが出た人必見!肌トラブルが起きる3つの原因とは?:まとめ

白雪美白を使ってかゆみやかぶれ、赤みなどの肌トラブルが出た場合、その原因は以下の3つが考えられます。

①配合成分が肌に合わない

②肌のバリア機能がダウンしている

③使い方を間違えている

配合されている成分が原因でかゆみが出ている場合は、すぐに使用を中止し洗い流してくださいね。

症状が悪化したときはなるべく早めに皮膚科に行きましょう。

白雪美白の公式サイトなら「90日間全額返金保証」が付いてくるので、初めての人でも安心ですよ♪